引越し先の住む部屋も掃除済みかチェックしておこう

きれいな部屋のイメージ画像

新たに引っ越して住む部屋は、掃除済みか必ずチェックしたほうが良いと
思います。

壊れているところがあったら、カメラで撮影しておくと良いでしょう。

私は以前、入居時に既に壊れていたトイレットペーパーのホルダーを
退去時に修繕費として敷金から差し引かれてしまいました。

どんなに壊れていたと主張しても、それを証明するものがないので、
話し合いをしても無駄に終わったのを覚えています。

また、私の友人は、入居時にガラスが割れていたのだとか。

その友人はガラスが割れていることを大家に伝えたのにも関わらず、
敷金から引かれそうになったと言っていました。

しかし、友人は、

「ガラスは割れていたのだから修繕費は払わない」

と強く言い切り、敷金から引かれずに済んだようです。

これらのようなトラブルに合わないためにも、入居時、掃除済みか、既に故障
しているものがないかをきちんとチェックすると良いと思います。

また、新居に清掃業者が入っていたとしても、自分で掃除をすると良いでしょう。

清掃業者が入った後、空き部屋になっている期間があるからです。

空き部屋になっていた期間にホコリが溜まっていることがあるので、新居も
きちんと掃除をしましょう。

引越し業者の中には、旧居と新居の掃除をしてくれるところもあるようです。

このページの先頭へ