日本通運の引越し

日本通運の引越しのキャプチャ画像

日本通運は、「えころじこんぽ」で有名な引越し業者です。

「えころじこんぽ」とは、梱包材を繰り返し使う引越しのことで、
ゴミを減らした引越しを実現しています。

梱包材は、日本通運が独自に開発した反復資材になるので、大切なものを
傷つけることなく運んでもらえます。

また、「えころじこんぽ」を利用すると、割れやすい食器やグラスを自分で
梱包せずに済むので便利。

食器専用のトランクで割れやすいものは梱包して運んでもらえるので、
大変安心できます。

ハンガーにかかった洋服も、「えころじこんぽ」なら畳むことなく
ハンガーボックスで運んでもらうことができます。

靴類も専用のシューズボックスで運んでもらえるので、梱包する手間を
省くことができるでしょう。

ただ、日通の「えころじこんぽ」を利用する場合は、ハーフパック以上の
プランを利用しなければならないようです。

自分で荷造りするセルフパックを利用すると「えころじこんぽ」は
利用できないので、注意が必要でしょう。

日通のハーフパックは、手間のかかる梱包のみを業者に頼むという
プランになります。

本や小物類は自分で梱包することになりますが、食器棚内の食器や洋服ダンスの
中の洋服は「えころじこんぽ」で梱包して運んでもらうことができます。

このページの先頭へ