免許証の住所変更も速やかに行おう

免許証のイラスト

引越ししたら、転入届の手続きは、早めに済ませるようにします。

転居届けと転入届を完了させれば、様々な手続きが速やかに行うことが
できるからです。

転入届が完了すれば、住民票をもらうことができるようになるので、
印鑑証明の住所変更も行うことができます。

また、住民票をもらうことができるようになれば、免許証の住所変更も
行うことが可能。

免許証の住所変更は、引越しをして転入届を入れたら、早めに行うことを
オススメします。

その理由は、免許証は様々なところで身分証明書として大活躍してくれるので、
免許証の住所変更を済ませていないと、手続きが面倒なことになるのです。

例えば、銀行口座の住所変更をするにしても、身分証明書は免許証を提示する
ことになるでしょう。

このときに免許証の住所変更が済んでいないと、口座の住所変更手続きが
できないということになります。

今は保険証といった写真の付いていない身分証明書は、身分証明書として
認められないことがあるのだとか。

身分証明書の提示を求められるようなところでは、写真の付いた免許証が
有効のようです。

ですから、引越しが完了したら速やかに転入届を出して住民票を貰えるようにし、
免許証の住所変更を済ませるようにすると良いと思います。

このページの先頭へ